シャンプーしてもシャンプーしても、頭皮が夕方にはベタつくという女性も多いのでは???

これってどうしてなのかなと思う人もいると思います。でも、一般的には女性の方が男性と比べて、皮脂の分泌は多くはありませんよね。

でも、皮脂が多いという悩みをもつ女性が最近は多くなっているようです。
これは多くは、皮脂の取りすぎてしまうことが要因です。

というのは、女性は男性よりも清潔でありたいと思う傾向があるので、髪を洗う場合も、二度洗いや朝、晩2回シャンプーするということが珍しくはありません。

ただ実はこれはある意味弊害になっていることもあります。

つまり、シャンプーが強力で、頭皮に必要な皮脂や栄養を取り過ぎるために、逆効果になっているわけです。これが続くと頭皮トラブルを招くことになります。
もちろん髪にもよくありません。

なぜって、皮脂が増えると頭皮の炎症や抜け毛、切れ毛が増えます。健康な髪をキープするには、頭皮の潤いを維持していくことが必要で、そのためににはある程度の皮脂がないとダメです。

なので、髪を洗い過ぎてしまうと皮脂が過剰に出てしまうようになってしまい、べたつく感じが取れず、さらにまた髪を洗うという悪循環になります。

で、これが続けば頭皮炎症や髪にハリやコシがなくなったり、細くなったりして、抜け毛や切れ毛が増えるわけです。

あと、気をつけたいのはシャンプーの回数が多すぎないかってことです。洗い過ぎに注意です。

シャンプーで、1回目でなにかスッキリした感じがなく、べたつきが残るようなら、洗浄力が弱いのではということではなく、シャンプーの泡切れが悪くて、洗浄成分が落ちにくいのではと考えるべきです。

つまり、汚れは取れているけど、シャンプーが頭皮に残っていると頭皮環境が悪くなります。きちんと落としきることです。

あと、2回シャンプーしないと、泡立たないということがあります。
これははじめのシャンプーのときには、ほこりや脂が髪にあるからです。

そこで、1度目のシャンプーで泡立ちが弱いなら、2回目のシャンプーはしっかり泡立てることです。

それとシャンプーの質が悪いものなら、2度洗いしないことです。

頭皮が荒れる可能性もあります。

成分としては、ラウレス硫酸Na、ラウレス-10やラウルス-23といった成分が入っているものは避けましょう。